MacBook Proへの移行でやった事メモ

2008年の末にMacBookを買ってから約4年ほど使用して来たのだが、流石に動作が重くて厳しくなって来たので、つい先日MacBook Pro 15インチ Retinaディスプレイモデルを購入。
データの移行はMacの移行アシスタントとを使ったのであっさりと終わったのだが、一部再設定などが必要になった所があったので、その辺をメモしておく。


【再設定した項目】
・プリンタ
 設定が引き継がれていなかったので、再度設定する必要があった。
OS XTwitterFacebook統合機能
 設定は引き継がれていたのだが、何故か認証に失敗のエラーが出て投稿出来ず。
 一旦設定を削除して再設定(旧マシンの方で設定削除してから実施)。
Google Drive
 アプリを起動するとGoogle Driveのフォルダがないといったようなエラーが出たので、一旦フォルダを削除して、再設定を実施。
iTunesでのコンピュータの認証
 古いMacBookは人に譲るので、認証を取り消す作業を忘れず実施。
iPhoneiPadの接続
 iPhoneiPadは自動認識されなかったので、一旦ケーブルで直接MacBook Proに接続して、同期を実施。移行はWiFiに接続していれば自動認識されるようになった。


【引き継げなかった項目】
・TimeMachineの履歴
 TimeMachineのデータからではなく、古いMacBookから直接データ移行したせいか、TimeMachineの過去履歴を移行出来なかった。ただ、特に必須ではなかったので移行はせず。


【その他】
・Hosterの再インストール
 Mountain Lionにバージョンアップした時も発生したのだが、Hosterが起動しなくなったので再インストール。再インストールしたら問題は解消。
Cyberduckの前提となるJava SE 6のインストール
 CyberduckをインストールしようとするとJava SE 6のインストールが必要と出てきたので、インストールを実施。Java SE 6が移行されなかった?


MacBook ProRetinaディスプレイモデルを2日ほど使ってみた感想だが、やはり画面の綺麗さは凄いというのが一番。iPhone 5Retinaディスプレイはそこまで凄いと思わなかったのだが、やはり画面が大きいとその良さが分かりやすいのかも。あと、13インチから15インチに画面サイズが変わったのだが、思った以上に大きくなったと感じる(良い意味で)。
ちなみにデータ移行はWiFiでやったのだが、4時間程度で終わったので、有線LANなくて大丈夫かなと思っていたが杞憂であった。

Snow Leopardにバージョンアップ後に発生した問題リスト

MacBookのOSをLeopardからSnow Leopardにバージョンアップした後に発生した問題を、以下にとりあえずメモしておく。

  1. Mailアプリで作成したメモが受信ボックス内に表示されるようになった(メールの「環境設定」の「メールボックスの特性」で「受信トレイにメモを表示」のチェックを外すと解決)
  2. キーチェーンアクセスで右クリックのメニューから「パスワードをクリップボードにコピー」が選択出来ない(Mac OS X v10.6.2 アップデートを適用する事で解決)
  3. iPhoto('08)から動画ダブルクリックしても動画再生が再生されない(Snow LeopardのオプションインストールでQuickTime7を入れる事で解決)。

対策参考記事

PCさんがスティーブ・ジョブズに?

少し古い動画だけど、ちょっと面白かったのでご紹介。
以下の動画はWWDC'07の基調講演で流されたもので、いつものMacのコマーシャルに出てくるPCさんが、スティーブ・ジョブズのふりをしてAppleの顧客をだまそうとするもの。



最後にPCさんが「私はフィル・シラーです。」という所でつい笑ってしまった。
Yapprに翻訳付きのバージョンがあるので、こちらもどうぞ。
http://jp.yappr.com/welcome/Video.action?videoGuid=33259267-3510-48B9-8138-47F37DDDA2EE

Macのキーボードショートカットのメモ等

  • 日本語入力の切り替えはCommand + Space
  • ウィンドウの切り替えはCommand + Tab
  • コピー&ペーストはCommand + CCommand + V
  • Safariを完全に終了するにはCommand + Q(他のアプリも同じ)、Safariの一つのウィンドウを閉じるのはCommand + Shift + WSafariの一つのタブを閉じるのはCommand + W
  • 平仮名の小文字を打つ方法、例えば「ぃ」は x + i
  • 画面キャプチャを撮る方法は「MacBook ProによるMac入門スクリーンショット(画面キャプチャ)の撮影」を参照(キャプチャした画像はデスクトップ配下に保存される)
  • Windowsの「Home」と「End」はCommand + ←Command + →
  • 次を検索と前を検索はCommand + GCommand + Shift + G
  • Windowsの「Delete」はFn + Command
  • 入力中の文字のカタカナへの変換はControl + K

【参考】

iPhotoで管理している画像データをブログにアップする方法

iPhotoで管理している画像データはFinderのピクチャ配下に見つからないので、ブログにアップする時はどうすれば良いのかと思っていたのだが、さっきやり方が分かったのでメモしておく。


具体的なやり方であるが、例えばはてなダイアリーだとブログ作成画面の「写真」ボタンを押すと画像データのアップロード用の画面が起動する。そのアップロード画面で「ファイルを選択する」ボタンを押すと以下の画面が起動するが、左側のメニューの「メディア」ー「写真」から画像データを選択出来る。


また、iPhoto上でブログにアップしたい画像データを選択し、それを上記画面にドラッグ&ドロップする事でも同様の事が出来る事が分かった。これはなかなか便利である。


【備考】
上記のようなMacの画面キャプチャを撮る方法は「MacBook ProによるMac入門スクリーンショット(画面キャプチャ)の撮影」に書かれていた。

MacとWindows間でのファイル共有

WindowsからMacのファイルを参照する方法
(a) Mac側の設定

  1. 「システム環境設定」−「共有」を選択し、「ファイル共有」のチェックボックスを選択する
  2. 「共有」ウィンドウで「オプション」を開き、「SMBを使用してファイルやフォルダを共有」のチェックボックスを選択する
  3. 「システム環境設定」−「ネットワーク」で「詳細」をクリックし、「WINS」をクリックする
  4. 「WINS」の設定で、「NetBIOS名」を入力(例えばTomute_Mac)、そしてWindowsで使用しているワークグループを入力する。

(b) Windows側の設定

  1. Windows側では特に設定は不要であり、エクスプローラのアドレスバーに\\Tomute_Macなどと入力すると、Macの共有フォルダにアクセス出来る。


MacからWindowsのファイルを参照する方法
(a) Windows側の設定

  1. 共有したいフォルダをエクスプローラで選択し、右クリックから「プロパティ」ウィンドウを起動する
  2. 「プロパティ」ウィンドウの「共有」タブを選択し、「ネットワーク上でこのフォルダを共有する」のチェックボックスを選択する

(b) Mac側の設定

  1. Mac側では特に設定は不要であり、Finderの「移動」−「サーバへ接続」を選択し、サーバアドレスに"smb://192.168.1.100"等と入力し「接続」ボタンを押す
  2. マウントするボリュームを選択する画面が出るので、Windows側で共有設定をしたフォルダを選択する


【備考】
上記はWindows XP (SP3)とMac OS X v10.5 (Leopard)を利用した場合の設定方法である。


参考サイト:
MacとWindowsのファイル共有、MacからWindowsのファイルへアクセス - muso nikki
Macで画面キャプチャを撮る方法 at HouseTect, JavaScriptな情報をあなたに