在宅勤務環境のまとめ Part 2

約2年前に在宅勤務環境をブログにメモしておいたのだが(その時の記事)、現在の在宅勤務環境を再度メモしておく。ちなみに、引き続き寝室の一区画を仕事場にしている状況。そろそろディスプレイをもう少し大きい物(27インチぐらい)に変えたい。

Type-C ACアダプターは自宅用に1個購入(純正アダプターは非常に軽量なので、出社とか出張時に使う)。


www.logicool.co.jp
www.sanwa.co.jp

自宅のLANに繋がっているデバイスの一覧

自宅のLANに繋がっているデバイスだが、気づいたら結構な数になって来ていたので、忘備録としてメモしておく。ちなみに数えてみたら、有線 or 無線でルーターに繋がっているデバイスが20台を超えていた。

【PC系】
 ・自分のMacbook Air
 ・息子のWindows PC
 ・仕事用のVAIO Pro
スマホ系】
 ・自分のiPhone 12
 ・仕事用のiPhone SE
 ・妻のPixel 5G
 ・息子のPixel 5G
【家電系】
 ・東芝の冷蔵庫
 ・シャープの加湿空気清浄機
【IoT系】
 ・sRemo-R(スマートリモコン)
 ・sRemo-R3(スマートリモコン)
 ・Amazon Echo Dot
 ・Amazon Echo Flex
 ・Amazon スマートプラグ
【ストレージ系】
 ・IO-Data NAS (有線)
 ・TimeCapsle (有線)
【ネットワーク系】
 ・ONU
 ・無線LANルーター
 ・無線LAN中継機
【メディア系】
 ・三菱電機のテレビ (有線)
 ・Fire TV Stick 第2世代
 ・Fire TV Stick 第3世代
【その他】
 ・Kindle
 ・iPad
 ・ニンテンドースイッチ

光BBユニットのIPv6パケットフィルタのテスト

光BBユニット(E-WMTA2.4)のIPv6パケットフィルタの機能についてテストを行ったので、その結果をメモしておく。なお、IPv6パケットフィルタの設定は、光BBユニットの管理画面から[ルーター機能の設定] - [パケットフィルタ設定]を選択すると実施できる。設定の詳細はコチラ

【テスト環境】
 ・光BBユニットにWiFiで接続したMacBook Airに対して、外部からIPv6アドレス(一時IPv6アドレス)を指定して、pingとポートスキャンを実施。
 ・pingとポートスキャンは4G接続のiPhoneから、iPhoneアプリiNetToolsを利用して実施。
 ・MacBook Airへのパケットの到着確認はtcpdumpコマンドを利用。
 ・光BBユニットの[パケットフィルタ設定]の[セキュリティレベル設定]は「高」、[NGNネットワークフィルタ設定]は「無効」に設定。

【テスト結果】
 ・pingは光BBユニットでパケットフィルタされず、MacBook Airまで到着。
 ・ポートスキャンは光BBユニットでパケットフィルタされて、MacBook Airまで到着せず。

【考察】
 ・IPv6パケットフィルタの機能はちゃんと動いており、ポートスキャンはブロックされていた。
 ・[NGNネットワークフィルタ設定]を「有効」にすると、ポートスキャンがブロックされない(デフォルト設定は「有効」)。ソフトバンクの4G接続のiPhoneからのアクセスなので、NGN網内折り返し通信として、フィルタされないのかも。ちなみにドコモの4G接続のiPhoneからだと、この設定でもブロックされていた。
 ・Mac OSファイアウォール設定でステルスモードを有効にしておけば、pingに応答しなくなる(やり方はコチラ)。

【結論】
 ソフトバンク光でIPv6高速ハイブリッドを使う場合には、以下の設定にしておくのが良さそう。
 ・光BBユニットの[パケットフィルタ設定]の[セキュリティレベル設定]は「高」のままにしておく。
 ・光BBユニットの[NGNネットワークフィルタ設定]は「無効」に変更する。
 ・Mac OSファイアウォール設定で[ステルスモード]を「有効」にする。

【参考サイト】
blog.watahari.com

無線LAN中継機の改善効果測定

Wi-Fi中継機(WEX-1800AX4)を設置することで、Wi-Fiの電波強度がどの程度改善したかを、IODATAWi-Fiミレルというアプリで測定してみたので、結果を纏めておく。

【中継機設置前(1F)】
洗面所の所が少し電波強度が弱くなっているが、その他は特に問題無し。

【中継機設置前(2F)】
寝室の電波強度がかなり弱い。

【中継機設置後(1F)】
玄関の所が少し電波強度が弱くなっているが、その他は特に問題無し。

【中継機設置後(2F)】
寝室の電波強度が大きく改善。

もともと寝室の電波強度を改善したかったので、狙い通りになった感じである。
ちなみに現在のネットワーク構成は以下のような形。
f:id:tomute:20220109115000j:plain

www.iodata.jp

自宅の無線LAN環境の改善(SSIDの見直し等)

無線LANの設定をもう少し見直したので、以下にメモしておく(前回の記事はコチラ)。

【光BBユニット(E-WMTA2.4)の主な設定】
SSIDを2.4GHz、5GHzで同じ名前に
・その他の通信規格設定は以下

Wi-Fi中継機(WEX-1800AX4)の主な設定】
・SSID1、SSID2は未使用に
f:id:tomute:20220110223936p:plain

【備考】
SSIDを2.4GHz、5GHzで同じ名前にすると、光BBユニットとWi-Fi中継機間の接続が5GHzになった。これはWi-Fi中継機の本体側面のAUTO/5GHzスイッチを「AUTO」にして、さらに設定画面の「中継機能(WB)」で「5 GHz 優先」にしているためのようだが、接続が2.4GHzから5GHzに変わった事で、2階のWi-Fiの速度がさらに改善した。具体的には以下(iPhone 12でSPEEDTESTのアプリを利用)。

下りの速度
2F 中継機無し 約150Mbps
2F 光BBユニット-中継機間 2.4GHz 約175Mbps
2F 光BBユニット-中継機間 5GHz 約220Mbps
1F 光BBユニット近く 約550Mbps


自宅の無線LAN環境の改善(オールWi-Fi 6化)

半年ほど前に、ソフトバンクの光BBユニットをE-WMTA2.3からE-WMTA2.4に入れ替えて、無線LANWi-Fi 6化を行ったのだが(その時の記事はコチラ)、2階の無線LAN環境を快適にするための中継機(WEX-1166DHPS)がWi-Fi 5にしか対応していないので、これを対応している物(WEX-1800AX4)に交換した。これで自宅の1階も2階もWi-Fi 6化が出来た事になる。

【結果】
iPhone 12で2階で回線速度を測定したところ、以下のような結果になった(SPEEDTESTiPhoneアプリを利用)。大体50Mbpsぐらい改善した感じである。なお、中継機無しの時とそれほど回線速度は変わっていないのだが、電波強度はかなり改善している。

下りの速度
2F Before(Wi-Fi 5) 約125Mbps
2F After(Wi-Fi 6) 約175Mbps
2F 中継機無し 約150Mbps
1F 光BBユニット近く 約550Mbps

【その他】
WEX-1166DHPS(左)に比べて、WEX-1800AX(右)は結構薄くなったのは良いところ。旧型だとちょっと掃除機とかで引っかかる事があったのだが、それがマシになった気がする。

【備考】
最新のネットワーク構成は以下のような形である。
f:id:tomute:20220109115000j:plain

www.speedtest.net

自宅の無線LAN環境の改善(再び)

フル在宅勤務化に伴って、1年ほど前に自宅の無線LAN環境の改善を行なったのだが(その時の記事)、久しぶりに無線LAN環境の変更を行なったので、やったことをメモしておく。
具体的には、ソフトバンクの光BBユニットをE-WMTA2.3からE-WMTA2.4に入れ替えて、Buffaloの無線LANルータを撤去してみた。

無線LAN環境】
 - 光BBユニット(E-WMTA2.3)をルーターとして使用
 - Buffaloの無線LANルータ(WSR-2533DHPL2)を無線LANアクセスポイントとして使用
 - 2階の無線LAN環境を改善するため、Buffaloの無線LAN中継機(WEX-1166DHPS)を使用
 - インターネット回線はソフトバンク光(1Gbps)

【在宅勤務環境】
 - SurfacePro (VPNで会社のLANに繋いで仕事をする)
 - iPhone 8

【変更作業】
 光BBユニット(E-WMTA2.3)を使っていたのだが、たまに調子が良くない時があったので、ソフトバンクのサポートに光BBユニット(E-WMTA2.4)への交換を依頼した所、すんなりと交換してくれたので、そちらに切り替える事に。
 また、光BBユニット(E-WMTA2.4)はWi-Fi6(IEEE802.11ax)が使えるので、Buffaloの無線LANルータ(WSR-2533DHPL2)は撤去する事に。

【結果】
 Before: ONU <---> 光BBユニット(E-WMTA2.3) <---> 無線LANルータ(WSR-2533DHPL2) <---> 中継機(WEX-1166DHPS) <---> Surface Pro
 After: ONU <---> 光BBユニット(E-WMTA2.4) <---> 中継機(WEX-1166DHPS) <---> Surface Pro
 802.11axが使えるiPhone 12での測定してみると、1階だと下りが375Mbpsで、上りが325Mbpsと、802.11acの時と速度はほぼ変わらなかった。
 速度が変わらなかったのは残念だが、ネットワークがシンプルになったので良しとする。
 当面はこの環境で過ごしてみたいと思う。
 あとは、中継機が802.11axに対応していないので、対応している物(WEX-1800AX4とか)にどこかのタイミングで変えてみたいと思う。

【備考】
 光BBユニットで暗号化設定を「WPA3/WPA2(PSK: AES)」にすると、MacBookとかでWi-Fi接続すると「安全性の低いセキュリティ」と表示された。
 また、「WPA3/WPA2(PSK: AES)」だと、無線LAN経由で光BBユニットのセットアップメニューにアクセス出来ないという制限がある模様(詳しくはコチラ)。
 ということで、暗号化設定は「WPA2/WPA(PSK: AES)」にした。