自身のFitbit遍歴と簡単な感想

Fitbit Charge 5を購入したのだが、これが我が家で5台目のFitbitのなるので、過去のFitbit遍歴と簡単な感想をメモとして残しておく。

Fitbit Charge HR
 2015年10月に購入(2015年4月発売)。初めて買った活動量計。¥19,144円で購入。
 既に必要十分な機能が備わっており、とても満足していたのだが、ベルトが切れてしまったので買い換える事に(Charge HRはベルトが交換式では無かった)。

Fitbit Charge 2
 2017年1月に購入(2016年10月発売)。¥18,300で購入。
 画面が大きくなった以外はそれほど大きな変化は無かった印象。トラッカーが反応しなくなったので買い替える事に。

Fitbit Charge 3
 2019年8月に購入(2018年8月発売)。¥19,692で購入。
 血中酸素濃度とか睡眠の質を測定できるようになった点が良かったが、取り立てて進化した感じは無かった。
 デザイン的にトラッカーの角が尖っていて、当たるの痛いのがイマイチだった。
 液晶画面に白い縦筋が入って、表示が見にくくなったので買い替える事に。
 
Fitbit Charge 5
 2021年10月に購入(2021年9月発売)。¥22,718で購入。
 Charge 3のトラッカーの角が尖っているという欠点は解消されたのは良い点。
 あとは液晶がカラーになったのが目立った変更点。
 EDAセンサーとかの新機能はこれから試してみるという感じ。

大体2年ぐらいで壊れてしまうという、ソニータイマーを彷彿とさせる耐久性だし、そこまで目立った進化もしない感じなので、そろそろ次は違う製品を買うかなとも思う。
ちなみに妻用にとFitbit Inspire HRを2020年10月に購入。価格も¥10,908とChargeシリーズに比べるとかなり安く購入出来たし、機能も必要十分という感じで良いと思う。